「ほっ」と。キャンペーン
一昨日は、せっかく書いたブログが 送信前に全部消えてしまって・・・
ちょっぴり凹んだrayrayです。(= ̄ω ̄=)ブヒッ!


さて、ここのところ膀胱の結石が原因と思われる膀胱炎と血尿を繰り返し、食事と薬物による治療を続けていたレオンさんなのですが、11月18日に膀胱結石の手術を受けました!


私には姉が二人いるのですが、二番目のお姉ちゃんちの愛猫ミルクちゃんは、実はレオンと一緒に生まれた兄妹猫でして(笑)

そのミルクちゃんも 今からちょうど2年くらい前、同じように膀胱に結石があって、血尿もかなり長い事 続いていたらしいです。 ずっとお薬も飲んでいたけど、ぜんぜん治らず・・・
で、結局、病院を今のダルビッシュ先生のところに変えて、手術をしました。


それからミルクちゃんはすっかり良くなったらしいので、
今回、レオンも思い切って手術をすることにしたのです。
ミルクちゃんと 手術した病院も同じだから 何かと安心ですしね。

※レントゲン写真
d0058182_10483567.jpg


※とり出した結石
d0058182_10503953.jpg
ほんとに小さくてびっくり!だいたい2ミリくらいかな。
小さな花の種って感じです(笑)
まったくこんなのが悪さをするんですね~
病院に保存してあったミルクちゃんの結石も見せてもらったけど、大きさも色もレオンのとそっくりでした!
さすがは兄妹(笑)


去勢手術の時は日帰りだったので、レオンにとっては今回が初めての本格的な入院です。
術後は数日間、膀胱にカテーテルを留置しなければいけないので、4泊5日の入院となりました。

※面会に行った時(11/20)
d0058182_11122275.jpg

カテーテルを触れないようにカラーをされてました。 
私を見ても立ち上がりもせず、表情も変えなかったけど、大きなグルグル声が聞こえたので、面会を喜んではくれていたようでした。

11月21日、膀胱のカテーテルが外された。 自力で排尿が出来ることが確認出来たら退院と言われる。
11月22日、退院。 朝一番でお迎えに!


※退院直後のレオンさん(11/22)
やっぱりお家は良いねぇ~♡
d0058182_12434050.jpg
ここは二段ケージの屋根の上なんですが、スターンと軽やかに飛び乗ってました!
さすがは猫! 人だったら傷口が痛くて とても無理ですね(笑)


ポンポン丸禿げ!(笑)
d0058182_12505215.jpg

d0058182_12511737.jpg

これから冬に向かうのに寒そうだわ・・・
寒さ対策を万全にしてあげないといけませんね。(-ω-)b
[PR]
by RayRay59 | 2015-11-30 13:00 | 体調記録メモ

膀胱炎その後・・・

朝晩はだいぶ肌寒くなってきましたね~
既にペットヒーターも登場しちゃってるrayray家です(*ノ▽ノ*)


さて、レオンさんの膀胱炎のその後ですが・・・
2週間が経過し、頻尿も収まって一件落着と思っていた先週の金曜日の出来事です。

朝、キッチンのごみ箱に袋をセットしていると、
ごみ箱付近の床に なにやらラズベリーみたいな色をした液体がこぼれているじゃありませんか!?

なにこれ??? と思って 
ふと見ると、少し離れたところから、レオンさんが なんか変な顔をして こっちを見ています。

えっ!? まさか、おしっこ? 
こんな場所に?
しかもナニ この色!? 
これって血尿なの? 

すごい濃い色の血尿に、もうビックリです!!! (@ω@;)

あわてて 朝一番で病院に連れて行きました!
カテーテル導尿で採取した尿は、まるで血液検査の様な赤黒い色で・・・(;´Д`)
いつもは大人しくカテーテルを入れさせるレオンさんも、今回は相当痛かったらしく、ギャーーーと大きな声を上げてて、ほんとうに かわいそうでした・゚・(ノω<、) ・゚・

2週間のお薬が切れて膀胱炎が再発したんだろうとのこと。
超音波の検査では、膀胱に尿がほとんど溜まっていなかったので、正確な大きさはわからないけれど、結石らしきものが写っているそうです。(たぶんレントゲンにも写らないほど小さいものだと思われる)
男の子の場合療法食で少し小さくなって流れてしまうこともあるらしいです。
流れちゃうといいなぁ~~

お薬(尿道拡張薬、排尿改善薬、抗生剤、消炎鎮痛薬、胃薬)2週間分をもらって帰宅。
そんなわけで、ただ今、たくさんのお薬を一日2回がんばって飲んでる中のレオンさんです。
d0058182_13564379.jpg



そうそう、前回の検査では 尿比重が低くて 初期の腎不全が疑われたレオンさんでしたが、今回は無事クリア!
ホント心配していたので、とりあえずそれだけでも疑いが晴れて良かった~(-ω-)b
d0058182_1338869.jpg


実は、今回のレオンさん血尿騒動の前日・・・
私も膀胱炎にかかり病院のお世話になったんですよね(笑)

たぶん今、レオンさんの辛さがもっともよくわかるのはわたしですよ!と言っても過言ではないですね(爆)

私も今年初めて膀胱炎になって、もう既に2回目・・・
膀胱炎ってホントしつこいです。
今回はふたりともしっかりと治さなくては!
[PR]
by RayRay59 | 2015-10-21 14:14 | 体調記録メモ

またまた膀胱炎にゃ!

前回の更新時に比べると、にゃんこ達にもだいぶ過ごしやすい季節になりましたね!
月一更新がすっかり定着しつつあるrayrayです(*ノ▽ノ*)キャー
10月はハロウィンのあるイベント月なので もうちょっとがんばるぞぉー!   ・・・たぶん(コッソリ



さて、一昨日の事ですが、
レオンさんのトイレの砂がなんか変?? って感じがして・・・

レオンさんは大抵同じ位置でおしっこをするんですが、 
一昨日はその場所のおしっこ玉がいつもより小さくて、複数個あるんです。  
(ちなみにうちの猫砂はベントナイト。 強力に固まるタイプです。)

そんなわけでトイレ近くに陣取って よーく観察していると、やはり頻繁にトイレに行ってるじゃありませんか!
しかもトイレポーズはしているものの一滴くらいしか出てないことも!?(;´Д`)
これはもう膀胱炎の再発に間違いないと確信したので、動物病院ですぐに お腹の超音波や カテーテル導尿による検査をしてもらいました。

結果は予想通り膀胱炎。
見た目にはわからなかったけど、潜血の結果も+++ということで、出血があったみたいです。
なので尿量を増やして細菌を流すための皮下輸液 & 抗生剤の注射をしてもらいました!

膀胱炎に関してはこれで一先ず安心なんですが、今回の検査では尿比重が1.020と
前回(4月検査)の1.054よりもだいぶ低い数値になっていました。
膀胱炎の影響で低くでることもあるそうですが、
年齢的にもそろそろ初期の腎不全が疑われるそう。(ノω<、)  
とりあえず2週間後に再検査です。
d0058182_11233131.jpg


d0058182_11381079.jpg


d0058182_11465271.jpg


d0058182_12155100.jpg

病院から帰った後、めっちゃ遊んでるレオンさんでした(笑)
元気で良かった!
[PR]
by RayRay59 | 2015-09-30 12:18 | 体調記録メモ
いやぁ~、お久しぶりでございます!のrayrayです(*ノ▽ノ*)

今週の月曜日(23日)の出来事なんですが・・・
実はレオンさんが膀胱炎になってしまったんですよ(ノω<、)  

その日の朝は普通におしっこをしてたレオンさんですが、 午後になってから何度もトイレに行く姿を目撃しました。
なんかおかしいなと思い 砂のチェックをしてみると、あるはずのおしっこの塊がない!?
その後も短時間に10回以上トイレに行くも ほとんどおしっこが出ていない様子なのです。

これは大変!!! と病院に連れて行くことにしましたが、今回はかかりつけではなく、思い切って初めての動物病院に行ってみることにしました。
新しい病院は日曜祭日も診療しているし、往診もしてくれるらしいのでシニア猫の我が家には良いかな~って思ったんですよね。
しかも先生がダルビッシュ似のイケメン!?
まぁ、それはさておいて(笑)

ダルビッシュ先生は尿道から膀胱内にカテーテルをサクッと挿入し、採尿したんですよね!(@ω@;)
なんと言っても、レオンさんがそんなことされて、すごく大人しくしていた事にもびっくりですが・・・(笑)

あんなに何度もトイレに行っても出なかったおしっこですから、さぞかしいっぱい溜まってるんだろうなと思いきや、 実際はほんの少しの尿しか膀胱に溜まっていなかったそうです。

それから採尿した後は腹部のエコー検査も行いました。
検査の結果、結石や結晶はなく、細菌性の膀胱炎であることが判明。
尿量を増やすため皮下輸液をしてもらい、抗生物質と炎症を抑えるお薬を一週間分もらって帰宅しました。

すぐにお薬が効いたようで、もうすっかり良くなりました!  ヨカッタ!ヨカッタ!★ (*^ー゚)b
d0058182_17105948.jpg
こんな風にのんびりと
家族みんにゃ、いつも元気でいられることだけが願いです☆*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
d0058182_17125126.jpg


*・゜゚・*:.。..。.:*・゜☆

そして今回、レオンさんの投薬に大活躍したのがこれ!↓ グリニーズの投薬ピルポケット。
d0058182_17172416.jpg

ストレスを与えずに美味しく投薬ができてます!
[PR]
by RayRay59 | 2015-02-28 17:31 | 体調記録メモ | Comments(4)
久々の更新です(笑)

いやぁ~、お彼岸を過ぎたら すっかり涼しくなっちゃいましたね~。
気をつけてはいたんですが、あの暑さから急に涼しくなったせいか、
じゅりたん、ちょっぴり体調を崩してしまったようです(ノω<、)  

はじめて症状が出たのは26日の夕方のこと。
じゅりが突然咳込み始めました。
元々 じゅりは、お水を飲んだ後などに咳みたいな症状(逆くしゃみ)が 時々おきる子なのですが・・・
病院の先生から「そういう場合は鼻をちょっとつまむと良い」と教えて頂いてたので、この日もいつものように鼻をつまんでみました。  ・・・が、この日は普段と違ってなかなか止まる様子がありません。
それどころか段々ひどくなって、まるで豚がブヒブヒ鳴くような音をさせています。
時間にすると3~4分程度ってところだったのかな?もっと長くも感じられた気もするけど、ちゃんと時間をはかっておけばよかったです(´・ω・`)ショボーン

その後、夜中にも2回ほどそんな症状があったため、翌朝 動物病院の予約を入れました。

病院で症状を説明すると先生は肺炎を一番心配されたようで、すぐにレントゲンを撮ることになりました。
レントゲンに写った肺は思ったよりきれいだとのことでしたが、 本来なら肺の周りの大動脈や大静脈がもっと くっきり写るべきところ、若干ぽわ~んとしているらしく、「正常を0としたら、Lv1ってとこだね。」と先生。(微妙www)
レントゲンでは咽喉にも腫れがみられるので、肺の症状はそれによる二次的なものだろうとのこと。
今の状態だとまだ喘息とは言えず、咽喉頭炎?←(記憶が定かではありませんが・・・) だとか。
とりあえず少量のステロイド服用と目薬(目から喉を治療)で一週間様子をみることとなりました。

d0058182_1359365.jpg


d0058182_13593313.jpg

薬を飲ませ始めた27日は軽い咳の発作が3回ほどおきましたが・・・
薬を飲ませて2日目、28日は一度も咳込むことはありませんでした。

そして3日目の今日29日もまだ一度も咳はしていません。

(今日のじゅりたん ↓ )
d0058182_13362898.jpg



d0058182_16445033.jpg

このお薬が良く効くようだとアレルギーの可能性大なんだとか・・・
rayrayも花粉症がひどい人だし、じゅりたんったら お母たんに似ちゃったのかな?(笑)

一週間後、また受診しに行きます。  今度はメモ帳を持っていこ~っと!^^v
[PR]
by RayRay59 | 2012-09-29 17:01 | 体調記録メモ
ここのところちょっとお疲れ気味のわたくし、rayray。
PCの前に座ったとたんに寝てしまうスキルを身につけてしまったようで(滝汗)
ルナちんのその後のご報告がたいへん遅くなっちゃいまして ごめんなさい。m(_ _)m

先週がタイムリミットと言われてたルナちんは、あのあと順調に回復し、19日の血液検査では白血球のほか すべての値が正常値だったため、とりあえず今回はCT&内視鏡検査や試験開腹は行わないこととなりました!
猫の場合、人と違ってCT検査でさえも全身麻酔となるので、それなりのリスクを負うことになります。 だから先生からは、「何度も麻酔をかけるような事はしたくないので、もしCT検査を行う場合は、口からとお尻からの内視鏡検査も同時に行いたい。」と言われていました。

体に負担のかかるものだからやらなくても良いものならそれにこした事はないですしね。
d0058182_18362727.jpg

先日の注射の効果は今月末まで続くので、ここで完全復活宣言をしていいものかどうかは微妙ですが、とりあえずルナちんは元気で~す。
ご心配をいただきました皆さま、本当にありがとうございました!
d0058182_1838319.jpg

興味のある方のためにもうちょっとだけ詳しい経緯は ↓ に書いておきますね。

More
[PR]
by rayray59 | 2010-01-22 18:49 | 体調記録メモ | Comments(16)

ご報告。

年末に体調を崩していたルナちんですが、お正月中は元気に過ごしていたものの、実は先週から再び体調の悪い日が続いています。
先生と相談しながら投薬治療を続けてきましたがあまり良い反応が出ず、12日の血液検査では白血球が32100(5000~18000が正常値)という とても高い数値になってしまいました。(その他の数値は正常値)
そのため2週間持続するという強い抗生物質の注射を打ったところ、今日14日の血液検査では白血球の数値がなんと7700にまで激減!!! 体調も12日の時よりはずっと良いように思います。
このまま良くなってくれるといいなぁ・・・



今日は皮下輸液ではなく、本格的な点滴のため半日入院をしたルナちん。
また次回点滴をする場合のために、お手手の血管には管が入ったままになってます。
d0058182_20195617.jpg
今週いっぱい様子を見て体調が回復しないようならルナちん、来週はCT検査&内視鏡検査もしくは試験開腹となるそうです。・゚・(ノω<、) ・゚・。
とりあえず今週がタイムリミットなので、今は一日も早い回復を祈るばかりです。


ルナが元気になったらまた皆さまのブログに遊びに行かせてもらいますね。(ο・ω・)ノ~~.:.:*。
[PR]
by rayray59 | 2010-01-14 21:37 | 体調記録メモ
クリスマスも終わってそろそろ「ルナちん完全復活!!!」というタイトルのブログでもアップしようかと思った矢先の出来事・・・     ルナちん、再び体調不良になってしまいました○| ̄|_


前回の体調不良から回復して一週間が経ち、ガゥガゥガゥガゥゥゥ~~という変な声を出しながら猛スピードで走り回るわ、薄型テレビの上に乗るわ、と  
       ( ↓写真は26日。テレビの上を歩くルナちん )
d0058182_19235923.jpg
すっかり元通りの暴れん坊ぶりが戻っていたので、家族のだれもがルナは完全復活したって思ってました。
ところが・・・

28日(月) 
16:00 突然の嘔吐
最初は前回の時とそっくりな細長い消化寸前のカリカリ(少量の毛玉も混ざっていた)でしたが、それを何度か吐くうち、今度は白い泡の混ざった液状のものを5回ほど嘔吐。
さっきまでの元気も無くうずくまるようにしているので病院へTELしたところ、「嘔吐の回数が多いので一応吐き気止めの注射を打ったほうが良いだろう」と先生。
白っぽい液状のものは胃の中が空になってしまったため胃液を吐いているらしく、これを何度も繰り返すと食道が胃酸でただれてしまい、今度は嘔吐が止まらなくなってしまうらしいのです。

そんなわけで病院に17:20分の予約を入れ、すぐにキャリーバッグにルナを押し込んで車を飛ばしました。
病院では吐き気止め胃腸の働きを助ける効果のある薬を入れた皮下輸液をしましたが、これはあくまでも対処療法であって、根本的な治療はなにもできていないのだそう。
「たぶんこれは腸管に毛玉があって、ちょうど下水管がドロドロになって詰まっているような状態なんだろう。とにかくラキサトーンのような毛玉除去剤を飲ませて欲しい」と先生。(ルナは毛玉除去剤が大の苦手)
胃腸のお薬3日分と お正月用の予備のお薬3日分をもらって帰宅。
19:30を過ぎたら何か食べさせるようにと指示されましたが、結局この日は何も食べないままずっと同じ場所で寝ていました。


29日(火)
6:00 ホットカーペットの上で大の字になって寝ているルナちん。元気になったのかな? でも食欲はなくて、鼻先にどんなに美味しい物を置いてもまったく無視。
6:30 カリカリを10粒程を食べてくれました。昨日皮下輸液をした右腕の脇の下がタプタプで垂れ下がっていて、抱き上げると悲鳴のような声をあげるのは輸液した場所が痛いんだろうか?
12:10 まぐろ削りをかけたらカリカリ6gを食べてくれました。
16:36 毛玉除去剤が嫌いなルナのために、ラキサトーン1cmくらいをオブラートで包み、投薬する要領で口の中に放り込みシリンジに入れた水で流し込みました。
17:45 また何も食べなくなり、元気も無いので病院にTEL(←年末、病院は12月31日~1月3日までお休みになるのでかなり焦っているrayray
今日はこの時点でカリカリ10g程度しか食べていないため、輸液の必要性を聞くと2日連続で輸液すると逆に今度は水分過多になってしまうため、明日の状態をみて必要なら輸液しましょうとの事。
23:00 爪とぎをしたり膝の上に乗ってきたりと少し元気を取り戻してきた様子。カリカリも10粒ほど食べました。
結局この日1日で食べたフードは15g程度。排便なし。
       ( ↓写真は29日のルナちん。元気がない様子 )
d0058182_1942597.jpg



30日(水)
本日ですが・・・
朝から普通にカリカリを食べてます。
さすがに暴れ回ってはいないものの、テレビの上に乗ったり、爪とぎ、グルーミング、膝乗り、バードウォッチング等をして 普段と変わらない様子。とりあえずは一安心です。
今日も1cmほどのラキサトーンをオブラートに包んで2回飲ませましたが、先生にTELしたところ 「その方法でしばらく毎日続けてみてください。病院は4日から始まるので年明けにはまた必ず連絡するように!」との事でした。


そんなわけでルナちん完全復活宣言はもう少し先になりそうです。
今回は、普段うんPに毛玉がいっぱい混ざってるから大丈夫だと毛玉を侮っていたことと、ルナちんは毛玉除去剤が嫌いだからと舐めさせてなかったrayrayの責任です。
長毛種なんだからもっと気をつけてあげなきゃいけなかったね。
ルナちん、ごめんよぉ~。・゚・(ノω<、) ・゚・。      
[PR]
by rayray59 | 2009-12-30 19:57 | 体調記録メモ

2にゃんは同じ両親から生まれた1歳違いの兄妹猫。シマシマ兄妹の日常をまったりと綴ったブログです。


by RayRay59