じゅりたん、心臓超音波検査をうけるの巻

一昨日、3月23日の出来事です。
じゅりの肛門腺を絞ってもらうため かかりつけのO動物病院に行ったんですが・・・
そこで先生が 何気なくじゅりの胸に聴診器をあてたところ、心臓に雑音があることに気づきました。
心臓の雑音にはレベルが6段階あって、じゅりのは中くらいの3か4くらいのレベルだとか・・・(><)
猫の場合、多少の雑音があっても まったく問題が無いまま一生を過ごす子も多いそうですが、心筋症や僧帽弁不全などの 心疾患がある場合も 雑音がみられるそうです。
d0058182_21493954.jpg

本当に心臓に疾患があるのかどうかを確定診断するには、心臓の血液の流れを色で見分けられる「カラードップラー」検査が有効で、普通のレントゲンや超音波検査などではわからないんだそうです。
しかし 残念ながら O動物病院には その設備がないため、希望するなら大学病院での検査を予約してくださるとのこと。
大学病院には心臓専門の先生もいらっしゃるし、そのほうがいいのでは?というお話でしたが、
でもね、
大学病院への移動時間や 犬や猫で混雑する待合室での待ち時間、そして診察や検査の時間を合わせると ほぼ一日がかりになるだろうと先生。
しかも大学病院では、カラードップラーだけじゃなく様々な検査が行われるので、絶食状態で行かなければいけないらしいです。
それらが 内弁慶なじゅりに どれだけ大きなストレスを与えるんだろう・・・って考えると、すぐには「大学病院に予約をお願いします!」とは言えなかったrayrayです。(´-ω-`)

その時は一旦返事を保留して、 家族に相談しようと家に帰り、自分なりにいろいろ調べてみたんですが・・・
なんとルナちんが普段お世話になっているM動物病院にカラードップラーがあるじゃあ~りませんかっ!!!(@ω@;)

・・・ということで、すぐにM動物病院に3月24日の予約を入れ、院長先生に事情を説明して検査をしてもらうことになりました!(もちろん、O動物病院の先生にも電話でお伺いをたてた上で(>∀・)ネッ)
d0058182_21545784.jpg



そんなわけで、じゅりは昨日検査をしてきました!
3月24日 10:00
M動物病院の院長先生がじゅりに聴診器をあてて心臓の音を聞きましたが、雑音は聞き取れないとのこと。

その後、カラードップラー検査が行われました。
心臓に超音波をあてるんですが、これがちょっとでも動くと診れないらしく、場合によっては麻酔で眠らせると言われて若干ビビるrayray。((((;゚Д゚)))

そのため検査では、手を押さえるためと 足を押さえるために 一応 二人の先生が待機していましたが、じゅりは手を押さえられただけで微動だにしなかったため 先生からは褒められまくり、まったく問題なく検査は終了しました。
たぶんね、じゅりは怖くて怖くて・・・固まっちゃってたんでしょうね(笑)
d0058182_21363532.jpg
d0058182_21365264.jpg



検査の結果は・・・

◎心臓弁膜での逆流はなく、心筋の肥大もみられない。すべて正常範囲内である。
ただ細かいことを言えば、大動脈への流速が早い。これは心臓が無理をして働いているということだから、こういう子はもしかしたら将来、肥大心を起こしやすいということがあるのかもしれないが、心筋症などの原因は 解明されていないのではっきりしたことはわからない。

ということで、じゅりたん、とりあえず今回、心臓の異常はみつかりませんでした!
よかったよぉ~~~~。・゚・(ノω<、) ・゚・。
でも、できれば今後も 年1回くらいはこの検査を うちの子みんにゃにさせたいなぁ・・・って思ったrayrayです。
[PR]
Commented by flower-production at 2010-03-27 10:57
(,,゚Д゚) わぁ わぁ わぁ もうビックリですよ~!
じゅりたん~ なんてことだったんでしょう!!
でも 心臓の異常が見つからなかったとわかって
本当に良かったですぅぅぅ~
RayRayさん 大変でしたね
じゅりたんも 怖かったでしょう
さすがにじゅり蔵侍にはなれませんでしたか^^
やっぱり毎年 検査を受けさせることは大切なんですね
あ~ 反省です orz

 
Commented by momo at 2010-03-27 13:25 x
rayrayさんのセンスに脱帽
じゅりちゃんの表情ピッタリ
ゲー、したり 雑音があったり、
心配してるのに笑ってしまいました。
ごめんなさい。
Commented by ramnyan-chi at 2010-03-27 18:35
はぁ。。。ドキドキしちゃったよー(・・、)
なんともなくてよかったー!!
じゅりたんもrayrayさんもお疲れさまでした!
ルナちんの病院にカラードップラーがあってよかったね
じゅりたんも大人しく(恐くて?^^; )してたから
麻酔ナシでできたしね^^
rayrayさんとこで いろんな検査を知る私・・・
今回のカラードップラーも初耳でした^^;
Commented by azusak at 2010-03-27 22:09
よかったですね(^-^)
じゅりちゃんもがんばったと思います。
えらかったね!じゅりちゃん(ぷーより)
Commented by unifujiwara at 2010-03-27 23:46 x
あああ、何ともなくて良かったねー・゚・(ノД`)・゚・。
じゅりたんも良い子で診察してくれたんだ、エライ!
うちのかかりつけの病院もこのカラードップラー導入して
欲しいなあ。。
まだ普通のモノトーンの心エコー診断機なんだよね(^^;
Commented by rayray59 at 2010-04-03 16:05
flowerさん
わぁ、驚かせちゃってごめんなさい m(_ _)m
そして毎度レスが遅くてごめんなさいw (*ノ▽ノ*)キャー

心臓に異常があるかも?と言われた時は、「えぇぇ~~っ!!!まだ5歳なのに!?」って一瞬血の毛が引きました。・゚・(ノω<、) ・゚・。
でも今回はなんでもなくて本当に良かったです。

毎年検査とまではいかなくても、年1回のワクチン接種の時、聴診をしてもらうだけで違うそうです。
少しでも長く元気でいて欲しいですもんね。
Commented by rayray59 at 2010-04-03 16:10
momoさん
きゃ~momoさんにほめられちゃった~❤
ありがとうございます(*ノ▽ノ*)
ゲーしたり、雑音があったりしても、実際本猫は元気モリモリですから、笑っていただければじゅり&rayrayもうれしいですよ~(笑)
Commented by rayray59 at 2010-04-03 16:17
ふーさん
あ~ ドキドキさせちゃってごみんね。m(_ _)m
おかげ様で、今回はなにも問題が無くて 本当に良かったです。・゚・(ノω<、) ・゚・。

ルナちんの行ってる病院は設備にかなり力をいれてるので、こういう時は助かりますね。

>今回のカラードップラーも初耳でした
実は私も初耳でした(笑)
心臓に問題がなかったら 普通知らないんだろうね~^^;
Commented by rayray59 at 2010-04-03 16:22
azusakちゃん&ぷーちん王子へ

ありがとうございます。
じゅりたんがんばりました!
ぜんぜん痛くなかったよ。
でも
ちょっぴり肉球に汗かいちゃった。
         by じゅり
Commented by rayray59 at 2010-04-03 16:37
unifujiwaraさん
ありがとぉ~~~!!!
うんうん、じゅりたん良い子で検査をうけてくれました!('ノェ')コッソリ 固まってただけだけどw

>うちのかかりつけの病院もこのカラードップラー導入して欲しいなあ
まだ どこの動物病院でも置いてあるってものじゃないみたい。
でも早くそうなって欲しいよね。
Commented by at 2010-09-28 02:17 x
   はじめまして、とても気になるキーワード
  「 心臓の雑音 」についてですが、うちの子は、7歳
つい先日、天国に行きました。
心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)という先天性( 親から受け継いでいた )の病気でした。
日頃は、メチャクチャ元気だったのですが、そうなる5日前くらいに、全く食欲がなく、呼吸が苦しそうで、元気がないので、とても心配になり、翌日まで待てず、夜間の救急病院へ連れて行きました。
その診察の結果が、先ほどの・・・・
心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)でした。
日頃がメチャクチャ元気だったので、ついつい安心していたのですが、時限爆弾の爆発は刻々とせまっていたようです。
それに気づかなかった(医師からはほぼ気づかないと言われましたが・・・・)自分が馬鹿でした。
ありきたりですが、「早期発見、早期治療」って、やっぱり大事な事だと思います。
今は、失意のどん底ですが、あいつの為にも早く元気になろうと努力しております。
同じような経験をして欲しくないので、コメントをさせてもらいました。
常に日頃の様子や、定期検診をしてやって下さい。
よろしくお願いします。
Commented by rayray59 at 2010-10-08 07:01
翔さん
はじめまして。
レスが遅くなってしまいすみません。

頂いたコメントを読んで愕然としました。心臓の病気で愛猫様を亡くされたばかりとのこと。
日頃元気な7歳だったなら、まだまだ一緒に居られると思うのが普通ですものね。
それが突然のお別れ・・・ 
翔さんの悲しみを思うと、私も胸が締め付けられる思いです。
どんな言葉をおかけしたらいいのか、考えてもなかなか良い言葉が見つかりません。
でもね、傷心の中コメントをくださった翔さんと翔さんの愛猫様のためにも、頂いたアドバイスをしっかりと胸に刻み込んで、日々 我が家の猫達と接しようと思います。本当にありがとうございました。

最後になりましたが、愛猫様のご冥福を心よりお祈り申し上げます。
by rayray59 | 2010-03-25 22:12 | 体調記録メモ | Comments(12)

2にゃんは同じ両親から生まれた1歳違いの兄妹猫。シマシマ兄妹の日常をまったりと綴ったブログです。


by RayRay59